担保権抹消費用について


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売った後にかかる費用にはいくつか挙げることができますが、その一つに担保権抹消費用を挙げることができます。その費用の中には登記手数料があります。登記をする際には司法書士などの専門家に依頼するケースは珍しくありません。当然専門家に依頼をする際には手数料が必要になります。事務所によっても異なりますが、一般的には一万円前後かかるケースがあります。
税金
その他の費用として挙げられるのが登記免許税を挙げることができます。
登記免許税とは申請した際にかかる税金のことです。
登記免許税は自分で申請した場合でも司法書士に依頼した人も同じ金額を支払うことが求められるので、一般的には安くすることは難しいです。

事前調査にも費用がかかります。
登記申請書を作成するためには様々な情報が必要です。
例えば土地や建物がある場所などを挙げることができます。
事前に調査しなければならない時は調査費用を支払います。

その他にも送料を挙げることができます。例えば申請をする時には郵送などを利用する人もいます。何故なら自宅近くに法務局がないため、アクセスに時間がかかる人もいます。当然ではありますが、自分で法務局に足を運んで申請をするのであれば送料は必要ありません。


関連記事