その他にかかるお金について


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売る際にかかる費用があります。それは、仲介手数料です。基本的に今では家を売る際には複数の方法がありますが、購入者を探す時は不動産業者に仲介をしてもらうことが求められるので、仲介手数料を支払う人は少なくないです。

しかし、不動産業者に直接家を売る人は仲介手数料がかからないケースもあります。その理由は不動産業者が物件を知ってもらうために宣伝活動などを行わなくてもいいためです。仲介手数料は担保権抹消費用などよりも高くなるケースがあるのでその費用を少なくするために不動産業者に直接売る人もいます。

住宅ローンその他のかかる費用は住宅ローンの返済を挙げることができます。
住宅ローンを完済している人は支払う必要はありませんが、完済しておらず残債がある人は残りの費用を支払うことが求められるケースもあります。

その他の費用には事務手数料を挙げることができます。
事務手数料は住宅ローン繰り上げ返済に必要な手数料のことで、その金額は金融機関によっても異なるケースがあります。
その他にも所得税や住民税を挙げることができます。

このようにかかる必要はたくさんあるので、まずは自分が家を売る時にはどのぐらいの費用がかかるのかを算出して売ることで大まかな費用を知ることができます。


関連記事

関連HP