その他にかかるお金について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売る際にかかる費用があります。それは、仲介手数料です。基本的に今では家を売る際には複数の方法がありますが、購入者を探す時は不動産業者に仲介をしてもらうことが求められるので、仲介手数料を支払う人は少なくないです。

しかし、不動産業者に直接家を売る人は仲介手数料がかからないケースもあります。その理由は不動産業者が物件を知ってもらうために宣伝活動などを行わなくてもいいためです。仲介手数料は担保権抹消費用などよりも高くなるケースがあるのでその費用を少なくするために不動産業者に直接売る人もいます。

住宅ローンその他のかかる費用は住宅ローンの返済を挙げることができます。
住宅ローンを完済している人は支払う必要はありませんが、完済しておらず残債がある人は残りの費用を支払うことが求められるケースもあります。

その他の費用には事務手数料を挙げることができます。
事務手数料は住宅ローン繰り上げ返済に必要な手数料のことで、その金額は金融機関によっても異なるケースがあります。
その他にも所得税や住民税を挙げることができます。

このようにかかる必要はたくさんあるので、まずは自分が家を売る時にはどのぐらいの費用がかかるのかを算出して売ることで大まかな費用を知ることができます。


関連記事

関連HP

担保権抹消費用について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家を売った後にかかる費用にはいくつか挙げることができますが、その一つに担保権抹消費用を挙げることができます。その費用の中には登記手数料があります。登記をする際には司法書士などの専門家に依頼するケースは珍しくありません。当然専門家に依頼をする際には手数料が必要になります。事務所によっても異なりますが、一般的には一万円前後かかるケースがあります。
税金
その他の費用として挙げられるのが登記免許税を挙げることができます。
登記免許税とは申請した際にかかる税金のことです。
登記免許税は自分で申請した場合でも司法書士に依頼した人も同じ金額を支払うことが求められるので、一般的には安くすることは難しいです。

事前調査にも費用がかかります。
登記申請書を作成するためには様々な情報が必要です。
例えば土地や建物がある場所などを挙げることができます。
事前に調査しなければならない時は調査費用を支払います。

その他にも送料を挙げることができます。例えば申請をする時には郵送などを利用する人もいます。何故なら自宅近くに法務局がないため、アクセスに時間がかかる人もいます。当然ではありますが、自分で法務局に足を運んで申請をするのであれば送料は必要ありません。


関連記事

家を売る際またはその後にかかる費用について知ろう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家の売却家を売ることをご家族の中で話し合っている人も多くいるでしょう。
家を所有している人は日本では数多く存在しています。
家には戸建やマンションがあります。
それらを所有する方法には住宅ローンを組んで購入する方法や、一括で支払う方法を挙げることができます。現在では前者を選択してマイホームを手に入れる人が多いです。

家を売る理由についてもそれぞれのご家庭で様々です。
例えば築年数が古くなり住宅ローンの支払いも終了したので、新しいお家に引越すために今住んでいる家を売る人もいます。
築年数が古くてもリフォームをすることで住みやすい環境を作ることもできますが、移住を検討している人はリフォームではなく、今住んでいる家を売ることを選択します。売ることで次の住宅の購入資金に充てられるというメリットがあるからです。

引越しをする目的だけでなく、遺産相続などで譲り受けた物件を売りたいと考える人もいます。既に購入した住居がある場合、相続で譲り受けた物件に住む機会は少なく、必要性が低い物件であると感じる人もいます。また、物件の所有者には毎年税金を支払う義務があるので、金銭的負担も懸念されます。売ることで金銭的負担や管理の負担を少なくできます。

このように家を売る機会やそれを実現することで得られる魅力はたくさんありますが、家を売る際に、その後にかかる費用について不安を感じる人もいるでしょう。今回は家を売った後にかかる費用について紹介します。


関連記事